今そばにある幸せを感じてみよう
2017-03-11 Sat 13:09



1週間ぶりにPC開いています。

先週の今頃は卒業式だったなぁ~(しみじみ)

いろんな事があった1週間でした。

あぁ残念ながら、予想通りの国立大落ち・・・

本人は確信していたので、そう凹んではいませんでした。

早速、受かった友達におめでとうメッセージを送っていましたよ。

どちらかと言えば残念な気持ちが大きかったのは私の方かも・・・。

でも、元々彼女が行きたかった学部(定員たったの17名)を断念し、

あまり気の進まない学部に変えての受験だったので、

進学してからのことを考えると、これで良かったのかもしれません。

ともかく気分を引きずる間もなく、

昨日は私立大の寮の面接に行って来ました。無事に入れましたよ♪

寮担当の教授もとても感じの良い方でしたし、

寮の先輩方も(4年生はさすがに大人でした。見た目ちょっと怖い)

と思ったけど、話し出すとそんなことは全然なく、

とても親切で、笑顔がステキな美人さんばかりでした

あと、同じく入寮が決まった一年生の中に視覚障害の女の子がいました。

親御さんの元を離れ、これからの新生活は何かと大変でしょうが、

同じ寮の仲間として、助け合って生活していくことと思います。

寮の見学もさせてもらいましたが、

私の短大の時のボロボロ寮に比べれば、快適そのもの綺麗な寮でした



昨日はそんな一日でしたが、

遠くまで出かけ、慣れないスーツと靴で歩き回り、

新しい出会いと、新しい出来事だらけで、心身共にバタンキューでした

私だけかもしれないけど、

何か新しいことを始めようとする時に、

変化したくない!という思いが心にブレーキをかけるのか?

なんだかネガティブな気持ちがこみあげてくるんです。

昨日は嫌な事など一つもなく、良い事ばかりだったにも関わらずです。

あと3週間で娘がこの家を離れることが、

よりそんな気持ちにさせるのでしょう。

でも彼女のこれからのためにも、強い気持ちを持って、

送り出してあげねば!


皆さんも、

今そばにいてくれる大切な人達のことを想って、

今ある幸せを改めて感じてみてくださいね。




あの日の3月11日に未来を閉ざされた方々、

そして今もなお避難生活されている多くの方々に思いを寄せながら。





別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |
| もも色空間 |