オールドムービー好き♪
2016-07-13 Wed 11:47



開局したばかりの地元のFMをたまに聴いています♪

地元の情報がゲットできるし、

知っているお店や、場所が出てくるので面白いです♪ 

でも、ちょっと気恥ずかしい気も(笑)

ニュースを読むパーソナリティの人が、

緊張からか?慣れないせいか?

何度も言い間違いするところも味があって良いです^^;

何より、すぐ近くで放送されていると思うと、なんだか心強いです^^




さて、映画の感想です!

今日は、ちょっと語りますよ~

興味ない人は飛ばしちゃってください^^;



『喝采』


「喝采」と検索すると、ちあきなおみの歌が出てきます(笑)

幼少の頃から好きな曲ですが、

今日紹介するのは映画の『喝采』

1954年制作のモノクロ映画です。

ちょうど『ローマの休日』と同じくらいの年代です。

オールドムービー好きにはたまらない映画だと思いますよ!

だって、グレイス・ケリーに、ビング・クロスビーだもん!

映画あまり観ない人でもグレース・ケリーは知ってるでしょ?!

あの凛とした美しさは、この映画でも際立っていました。

でも、グレース・ケリーは知ってるけど、

ビング・クロスビーは知らない?!

じゃあこの曲は?

     ↓






ね!知ってるでしょ?

この「ホワイト・クリスマス」を最初に歌ったのは、

ビング・クロスビーなのよ^^ いい声でしょ♪

そう言えば、

ビング・クロスビーのクリスマスアルバムを昔持っていたけど、

あれってどうしたかなぁ~^^;


ちょっと話それましたが、

この映画は、最後の最後まで展開が読めませんでした。

いい意味で裏切られたというか。

ラストシーンが何とも粋!


ちなみに、音楽は、かの有名なヴィクター・ヤング!!

彼の曲は、皆さんも一度は聞いたことあるはずよ。

これとか↓





他にも、

『風と共に去りぬ』 『ライム・ライト』 『エデンの東』 

『シェーン』 などのテーマソングも彼が手掛けた曲!

あ~映画音楽好きにはたまらない曲ばかり!!



熱くなってすみませんでした^^;


別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<松岡さんに安藤さん | もも色空間 | 朝起きたらネタができてた件!>>
この記事のコメント
『喝采』は、2回くらいは観ているはずなんですが、
やっぱり中身を忘れていますねー。
最後が予測つかないストーリーでしたっけ?
いま一度、観てみたいと思います!

ビクター・ヤングの曲は、おっしゃる通り、
映画のタイトルも作曲者の名前も知らなくても
みんなが曲は知っているという偉大な音楽家ですよね。
ジョージ・ウィリアムスや日本なら久石譲も
そんな作曲家のひとりでしょうねー。
2016-07-13 Wed 14:52 | URL | つかりこ #-[内容変更]
つかりこさんへ

コメントありがとうございます!

おー♪ 
『喝采』2回も観ているんですねー♪
ってことは、古い映画もお好きなんですね♪^^

予測がつかないというか、
どちらを選ぶの?
こっちも魅力的だし、でもあの人も気になる・・・みたいな^^

>映画のタイトルも作曲者の名前も知らなくても
 みんなが曲は知っているという偉大な音楽家ですよね。

 いや本当にそうですね!
 実はエラソーに書きましたが、全然詳しくないんです^^;
 ただ、音楽を耳にしただけで、感動が沸き上がる!
 そんヴィクター・ヤングの曲が好きです。

 つかりこさんは映画音楽についても詳しく知ってそうですね♪
 お酒飲みながら、話が聞けたら楽しいだろうなぁ~♪

2016-07-13 Wed 16:42 | URL | ももこ #-[内容変更]
あ~~~
二つとも聴いた事あるよ^^
でも、マジマジと聴いたのは初めてかも?
特にホワイトクリスマスは色んな人が歌ってるから。
でも、ビング・クロスビーさんだっけ?
この人の声で歌ってるのが一番聴いてるかもね。

映画の「喝采」は聞いた事あるような?
観た記憶は無いかもです(_ _。)・・・シュン
2016-07-13 Wed 19:26 | URL | リク #-[内容変更]
リクちゃんへ

いつもコメントありがとう♪

音楽も再生してくれて嬉しいよ♪

そうそう!ホワイト・クリスマスは色んな人が歌ってるよね♪
リクちゃんの言うように、ビング・クロスビーの歌が一番有名だよ☆

「喝采」は私も初めて観たよ^^

2016-07-14 Thu 10:23 | URL | ももこ #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| もも色空間 |